ヘアモア(Hairmore)がどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。
これだけ人気が出た理由としてヘアモア(Hairmore)の成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はヘアモア(Hairmore)に含まれる3つの人気成分のうち塩酸ピリドキシンについて解説します。

 

ヘアモア(Hairmore)と言えば塩酸ピリドキシン配合のスカルプエッセンス

塩酸ピリドキシン

 

塩酸ピリドキシンは販売元であるRAVIPAが独自に配合している成分です。
塩酸ピリドキシンにはタンパク質の代謝機能が備わっています。

 

 

塩酸ピリドキシンってなに?どれくらい凄いの?

塩酸ピリドキシンとは

 

塩酸ピリドキシンのタンパク質代謝機能は、実は育毛効果と深い関係があります。

 

頭皮は髪の毛を育てる畑のようなものです。食生活や生活習慣が乱れることで普段充分に保たれている塩酸ピリドキシンが不足してしまうと、頭皮環境に影響が出てしまいます。

 

頭皮成長の邪魔をしているのが、皮脂です。皮脂が過剰に分泌されると頭皮が油っぽくなり、有効成分が行き渡りづらくなります。

 

つまり、皮脂を取り除くためには塩酸ピリドキシンを外部から摂取するして頭皮に皮脂をためないようにするのがよいのです。

 

この塩酸ピリドキシンを外部摂取するために最適な方法が"スカルプエッセンス"からの摂取であると言われます。

 

 

ヘアモア(Hairmore)は塩酸ピリドキシンを独自配合

塩酸ピリドキシン 独自配合

 

ヘアモア(Hairmore)は塩酸ピリドキシンを配合しているため他のメーカーの商品にくらべて優れた効果が期待できる商品になっています。

 

成分表を見ると

 

・エストラジオール
・L-メチオニン

 

などの有効成分がふんだんに配合されていることがわかります。ヘアモアにはこのような有効成分が含まれています。

 

 

ヘアモア(Hairmore)って使うとどうなるの?

 

ヘアモア(Hairmore)を使うと

 

・発毛促進
・毛生促進
・育毛
・養毛
・薄毛・脱毛の予防
・ふけ・かゆみの予防
・病後、サンゴの脱毛予防

 

などの髪の悩みに働きかけてくれます。
一緒にハリツヤ髪を目指しましょう!

 

ヘアモア(Hairmore)の失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。